前へ
次へ

頑張って仕上げたアイメイクがパンダ目になったら

顔の印象を大きく変えることになる目元ですから、アイメイクをしっかりとする女子がとても多い中で、日中にパンダ目になってしまうこともよくあります。
あくびをすれば涙が出てきますし、パソコンを使った業務で目が濃く比すれば、目の乾きや疲れリセットで目薬を使うこともあるため、いつの間にかアイメイクは崩れがちです。
トイレの鏡で顔を見たらアイメイクが崩れていて、焦ってメイクを重ねようとしますが、パンダ目になっていたら重ね付けはあまり良い対策ではありません。
アイライナーをさらに描きたいしたり、マスカラを上から塗ってもキレイに肌にフィットをしないので、余計に見た目が汚く見えてしまって逆効果です。
もしもパンダ目になったときには、目元のメイクを全て落としてからお直しをするようにします。
顔全体のメイクを落とすわけではなく、パンダ目のゾーンだけなので、お化粧直しといっても思ったより時間はかかりませんし、その方が仕上りが綺麗です。

Page Top