前へ
次へ

目が小さく見える原因がむくみの場合は

毎日顔を鏡で見るのは女子の日課ですが、目の大きさが小さくなったと感じた時、いくつかの理由が考えられます。
代表的な目が小さく見える要因は、原因が思い当たるむくみです。
前日に深酒をしてのみ過ぎた翌朝もよくあることですし、仕事で連日忙しくて睡眠不足になっている時にもなります。
目が小さく見えるのはまぶたが一時的にむくみを生じているためですから、ある程度の時間が過ぎれば元通りです。
時間が解決をしてくれるとしても、朝の出勤前に腫れぼったい目元を発見してしまうと、できるだけ早く改善をしたいと考えます。
ホットタオルを用意して目元にかぶせて、血流をよくしてあげるのも改善の良い方法です。
目元を温めてあげるのと同時に、ソフトタッチでマッサージをすると、より早く回復へと向かいます。
寝不足は肌にも目元にも悪影響が出てしまうため、寝不足ならばできるだけ眠る時間を確保することです。
遅く寝て遅く起きるよりも、できるだけその日のうちに眠ると、朝も自然に起きることができます。

Page Top