前へ
次へ

ニキビができてしまったときに気を付けていること

毎日丁寧にお手入れをしているつもりでも、体調によってはニキビができてしまいます。
特に口の周りやあごにニキビができやすいので、できてしまったときは早く治すことを心がけています。
たとえば、患部にできるだけ手で触れないように気を付けています。
また、タオルには目に見えない雑菌がついていることが多いと聞いたので、洗顔後に水気を拭き取るときはタオルではなく、キッチンペーパーを使っています。
もちろん、眠るときの環境にも気を配っています。
シーツや枕カバーを清潔なものにして、ニキビに触れても雑菌が入らないようにしています。
ちょっとしたことを意識するだけでニキビが悪化することなく、治りが早くなります。
ちなみに、どうしても治りが遅くて気になるときは、いつもお世話になっている皮膚科クリニックを受診して、先生に処置をしてもらっています。
私がお世話になっているのは女性の先生なので、どのようなお肌の悩みも安心して相談できます。
しかも、適切なアドバイスもしてくれるので心強いです。

Page Top